今日のまとめも_φ(・_・★芸能2ch

当ブログは主に2CHまとめブログです。気になる芸能情報・NEWSなどをまとめて随時配信していきます。

    カテゴリ:




    1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/15(月) 22:45:10.63 ID:CAP_USER9.net

    毎日、秀逸なジョークで楽しませてくれるデーブ・スペクター氏(放送プロデューサー)のツイッターに、4月23日、いつもとはだいぶ趣の異なる投稿がされた。


    「つかぬ事を言いますが、全てのテレビ局が全てのドラマを止めた方がいいと思います。進化してないし海外ドラマから何も学習してないし、相変わらず視聴者を無視する芸能プロダクション先行で不適切なキャスティング。2年間の休憩してリセットする事を勝手ながら勧める。オチがなくてすみません」(※原文ママ)

     これに対して、インターネット上には賛否両方の反応が現れた。ツイッターの140字という制限のなかでは、考えていることのほんの一部しか言えなかったに違いない。そこで、デーブ氏から真意を聞いた。

    「『日本のドラマが100%ダメ』とは言わないです。松嶋菜々子さんが主演した『家政婦のミタ』(日本テレビ系)なんかは、ハイ・コンセプトだし楽しいじゃないですか。芦田愛菜ちゃん主演の『マルモのおきて』(フジテレビ系)も、完璧と言えるくらいすごくよかった。

     役者で言えば、役所広司さんや豊川悦司さんは上手いと思います。だけど、名前は出さないけれど、すごく有名で人気のある役者でも下手な人が多すぎる。演技が古くさくて、ナチュラルじゃないんです。歌舞伎のせいなのか宝塚の影響なのか、すべてがオーバーでいつも叫んでいる感じ。

     日本のいいドラマの例としてよく挙げさせていただいていますが、20年前にTBS系で放送された『青い鳥』があります。駅員(豊川悦司)が駅の近くに住む人妻(夏川結衣)と不倫するというストーリー。何がいいかと言うと、すべてが抑制されていて、オーバーな演技や描写が一切なかったのです。みんな、『青い鳥』は見るべきですよ。

     下手な役者ばかりがドラマに出ている理由は、芸能事務所とのつきあいとか、CMにたくさん出ている人を使うとか、広告代理店と芸能事務所のナァナァの関係とかがあるからで、演技が上手いか下手かをまったく考慮しないでキャスティングが行われているからです。

     たとえば、脇役でいい役者がいたとしても、“事務所の力”でキャスティングされた役者が主役を張って高いギャラをもらっているのを見たら、やる気をなくしてしまいますよね」(デーブ氏)

    つづく

    文=深笛義也/ライター

    2017.05.15
    http://biz-journal.jp/i/2017/05/post_19091_entry.html


    【<デーブ・スペクター氏>全テレビドラマやめるべき「下手な役者多すぎ」「芸能プロの意向優先」】の続きを読む




    1 Reproduction Prohibited ★@\(^o^)/ :2017/05/15(月) 20:50:22.64 ID:CAP_USER9.net

    楽しんご退院 体重9・5キロ減で改名宣言 俳優転身目指す
    デイリースポーツ 5/15(月) 19:50配信

     急性腹膜炎で入院し手術を受けたタレントの楽しんご(38)が15日、退院を報告し、都内で取材に応じた。闘病について振り返るとともに、再ブレークを目指し俳優業にシフトすることも視野。改名して心機一転を図ることもぶち上げた。
    「楽しんごで検索してもいいこと出てこないんで」と本気で改名することを宣言した。また、9日間の入院で、体重が9・5キロ減ったことも明かした。

     同じ事務所所属で占いが得意なことで知られるLOVE ME DO(ラブミードゥー)に運勢を見てもらって、俳優として成功できる名前を探す。

     そもそも芸能界入りした際も「お笑いが志望ではなくて、俳優の志望でVシネマの事務所に入ってしまった」という。その後、「ラブ注入」でブレークしたものの、俳優への思いはくすぶっていたことを告白。
    「日本人として俳優としてやりたい。舞台とかやっていましたから。役者の方に興味があります」と真顔で言い切った。

     6日深夜(7日未明)に入院。すでに、その時点で盲腸は破裂しており、7日に手術を受けた。あと1日我慢していたら、「中で菌がまわっちゃって転移しちゃって*方が多かったと(医者に言われた)」ほどの惨状だったという。

     通常3、4週間の入院が必要な症状だったが、幸い1週間ちょっとで退院でき、「免疫力が強いんだな」としみじみ。今後は俳優転身を試みることを明かし、「日本人として男らしい役をやりたい」と宣言した。

     「メディアのお仕事できたらいいなと思います」とテレビ出演を熱望した。

     入院直前の4月28日のイベントでは、ブレーク当時の62キロから、84キロまで激太りしていることを告白していた楽しんご。実は5月7日未明の入院時には「87・5キロ」にさらに“増量”していたことも明らかに。
    9日間の入院で「78キロ」になったことを明かし、「10キロぐらい落ちました」とうれしそうに報告した。

     今後は野菜中心の食生活にし、「ブレークしてた時ぐらいに」体形を戻すことを目標に掲げていた。


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00000128-dal-ent


    【楽しんご、改名宣言 俳優転身目指す】の続きを読む




    1 たんぽぽ ★@\(^o^)/ :2017/05/15(月) 19:44:29.97 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-01823983-nksports-ent
    日刊スポーツ 5/15(月) 19:38配信

     女性タレント門楼(もんろう)まりりん(25)の所属事務所が、門楼を無期限の謹慎処分としたことを公式サイトで発表した。

     所属事務所は公式サイトを15日までに更新し、「この度は弊社所属門楼まりりんの報道につきまして、関係各位に多大なるご迷惑をおかけしており誠に申し訳ございません。本件につきましては本人と協議の上、無期限の謹慎処分とさせていただくこととなりました」と報告。「今後の活動につきましては追って当サイトにてお伝えさせていただきます。ご迷惑をお掛けいたしましたこと深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

     門楼は12日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕され、釈放されたお笑い芸人ガリガリガリクソン(本名・坂本祐介)容疑者(31)とバーで同席していたときの写真をインスタグラムで公開。逮捕報道後に当該写真は削除したが、その後もツイッターでガリクソンに関する情報をツイートし、物議をかもしていた。


    【ガリクソンと同席の門楼まりりん、無期限謹慎処分】の続きを読む




    1 muffin ★@\(^o^)/ :2017/05/15(月) 19:21:59.51 ID:CAP_USER9.net

    http://www.oricon.co.jp/news/2090707/full/
    2017-05-15 18:58

     タレントのヒロミが15日、都内で行われた映画『ザ・コンサルタント』のブルーレイ&DVDリリース記念試写会に出席。
    作風になぞらえて“裏の顔”を問われたヒロミは「きょう大安だったので会社を登記してきました」と明かして、驚かせた。

     続けて「これから動き出すんですけど、リフォーム会社みたいなものです。最初はアパレルをやって、将来的にはそういうの(リフォーム)もやってみたい」と今後の展望を語り、
    社名は「『ハチオウジ工務店』という名前です。(地域)限定的ではないんですけどね」と話した。

     仰天告白に報道陣のペンも一斉に走り「どこにも話していなかったからね」とニヤリ。
    「本業がわからなくなってきたんだよね。こないだも『同業なんです』と話しかけられてテレビ業界かなと思ったら、内装屋の方でした」と笑っていた。

     終了後に対応した囲み取材では、リポーターから早速「社長」と呼ばれ白い歯を見せる一幕も。
    「(会社設立は)芸能プロダクション、ジムと3つ目です」といい、妻・松本伊代は「『へー、また社長になるんだ。なんで(会社を)分けるの?』と言ってました。
    あの人にはあまり“社長夫人”という概念がないです」と、そこそこのリアクションだったという。

     同作は会計コンサルタントでありながら、本業は腕利きの*屋である主人公クリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)が、アメリカ裏社会で暗躍するサスペンス・アクション。
    17日よりブルーレイ&DVDの発売・レンタルを開始、「4K ULTRA HD&2D ブルーレイセット版」も同日に発売される。


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【ヒロミ、リフォーム会社を設立 「きょう大安だったので会社を登記してきました」、社名は地元愛で「ハチオウジ工務店」】の続きを読む




    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/05/15(月) 13:13:23.49ID:CAP_USER9.net

    菅田将暉(24)の周辺が何かと騒がしい。若手俳優の中でも圧倒的な人気と知名度を誇り、最近ではバラエティの露出も増えている。
    そんな”旬な男”の活躍と比例して、徐々にアンチの数も増えているようだ。

    「菅田はバラエティ番組に出演した際に、学生時代のモテモテエピソードやどんな服でも着こなせるオシャレアピールなど、ビジュアル自慢が多いことで批判の声も聞こえるようになってきた。
    俳優としては演技力が認められ、個性派として評価を高めてきた菅田ですが、『自分を勘違いしている』『少し売れただけで天狗化した』といったアンチの存在が増えている」(芸能記者)

    現在公開中の映画『帝一の国』も興業で好成績を収めるなど、芸能界では菅田の存在感が益々高まってくるだろう。
    しかし、そうした期待の反面、業界内では菅田の評判がどうにも芳しくない。

    「菅田は現場スタッフに挨拶をしないことでも有名で、関係者受けがいいわけではない。
    また、俳優として役作りにストイックなため、現場では関係者が必要以上に気を使わされる。俳優というより扱いが面倒くさい”女優さん”のような印象です」(前出・記者)

    そんな菅田だが、それ以外でも粗が出始めているようだ。

    ■本田翼との仲を”黙秘”にがっかりするファンも

    本田翼(24)との熱愛報道への対応も世間から反感を買った。過去菅田は、女優の二階堂ふみ(22)や小松菜奈(21)らとの熱愛が報じられたが、きっぱりと否定している。
    しかし、本田との熱愛に対しては、「(報道に対する自身の)スタンスとして、沈黙と言う方法をとる」と、ラジオで発言した。

    「かつて菅田は恋愛に対して、『交際したらはっきり言う』と発言し、男らしいと株を上げました。ところが今回は打って変わって黙秘の姿勢です。
    こうした手の平返しの姿勢に落胆したファンは多い。しかも、今回の熱愛報道で本田翼に引退説まで浮上し、本田のファンからもこの曖昧な態度が批判される始末。
    スキャンダル対策がまだまだ甘く、今後はさらに業界内外にアンチが増えいく可能性もある。そうなると、俳優としての将来が危うくなるでしょう」(芸能関係者)

    エキセントリックな演技でカメレオン俳優とまで称される菅田。自身の身の振り方を改めなければ、俳優として短命で終わってしまい兼ねない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13064019/
    2017年5月15日 11時45分 デイリーニュースオンライン


    【菅田将暉は自慢話ばかりで挨拶なし?業界内外で”アンチ急増”の予兆】の続きを読む

    このページのトップヘ