今日のまとめも_φ(・_・★芸能2ch

当ブログは主に2CHまとめブログです。気になる芸能情報・NEWSなどをまとめて随時配信していきます。

    カテゴリ: スポーツ




    1 THE FURYφ ★@\(^o^)/ :2017/04/19(水) 16:30:52.58 ID:CAP_USER9.net

    来年の第90回選抜高校野球大会からタイブレークを導入するか否かのリミットが、今年11月下旬であることが
    19日、分かった。すでに今夏の甲子園では導入されないことが決まっている。

    今春のセンバツでは2試合連続で、延長十五回引き分け再試合があった。これを受けて、この日の第99回全国高等学校
    野球選手権大会運営委員会で、委員からタイブレーク導入について質問が出た。

    今後は6月の技術振興委員会と、審判規則委員会で議題に挙げて議論を進めることは決定している。その後は委員会の
    意見を踏まえて、高野連の理事会で結論を出す。竹中事務局長は「来春もセンバツがあるわけなので、(タイブレークを)
    実施するかしないかを含めて、それに間に合うようにするには、11月下旬の理事会がリミットになるでしょう」と話した。

    来年のセンバツから導入するか否かの結論は半年以上先だが、世論は導入賛成へ傾きつつあるという。今春のセンバツ後、
    高野連には電話や投書などでタイブレーク導入に賛成する声が相次いだという。

    竹中事務局長は「今までは反対意見が多かったのが変わってきている。『そろそろ高野連が動かないといけないんじゃないか』
    という意見もあった。投手の球数制限や投球回数の制限は否定的な意見が多いけど、打たないといけない最善の策は
    タイブレークではないか」。地方大会でテストをせず、センバツから導入する可能性もあるという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000073-dal-base


    【【高校野球】タイブレーク方式導入検討 11月下旬の理事会で正式決定へ】の続きを読む




    1 @Egg ★@\(^o^)/(★) :2017/04/19(水) 12:37:54.54 ID:CAP_USER9.net

    17日深夜に放送された「あの時!スゴかった人 ~一流アスリートが驚いたアノ人大追跡~」(TBS系)に、
    競泳男子で5つの五輪金メダルを獲得したオーストラリアのイアン・*氏(34)がVTR出演。
    日本のテレビ番組で初めて自分が同性愛主義者であることをカミングアウトした。

    番組は一流アスリートが「凄い」と思った選手がその後、どうなったかを追跡するもの。
    *氏はリオ五輪の競泳男子400メートル個人メドレー銅メダリストの瀬戸大也(22)が「凄い」と思った選手として、番組スタッフの取材を受けた。

    *氏は地元開催となった2000年のシドニー五輪で3つの金メダルを獲得。
    さらに04年のアテネでも2つの金メダルを手にした。しかしアテネ五輪当時、*氏は自分がアルコール中毒だったことを激白。
    瀬戸は「それで金メダル取れるんですか?す、すごい」と驚いた。

    シドニー五輪の後、あまりに有名になりすぎてしまった*氏は四六時中メディアに追いかけまわされるようになり、
    中には家の塀を乗り越えてきたりと、ストーカーまがいの被害にも遭ったと話した。
    当時を振り返りながら*氏は「気持ちを落ち着かせるためには仕方なかった。かなり限度を超えた量の酒を飲んだ」と激白した。

    そして日本のカメラでの前で初めて自分がゲイであることを告白。スタッフの「ゲイなのは本当ですか?」という問いに笑顔で「本当だよ。僕はゲイだ」と答えた。
    さらに「幼いころからずっとゲイだった。本当はゲイにはなりたくなかった。普通の人間に生まれたかった」と付け加えた。

    3年前、悩んだ末に*氏はこの事実をカミングアウト。「金メダリストがゲイなんて、国民をがっかりさせると思って。
    誰にも言えなかった」と吐露した。そして「でも今はカミングアウトできて開放的な気分だよ。

    ゲイだということを恥じるべきではなかったし、やっと自分らしく生きていける」と前向きに語った*氏。
    現在は同じ境遇の人々を勇気づける活動を行っているという。

    夕刊フジ 2017.04.19
    http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20170419/spo1704190700009-n1.htm

    写真

    (出典 www.zakzak.co.jp)

    https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-84-ca/white_black1991/folder/1322549/57/41582057/img_0?1405243524


    【【競泳】<イアン・ソープ氏>日本のカメラでの前で初めて自分がゲイであることを告白!「僕はゲイ」「アテネ五輪ではアル中だった」】の続きを読む




    1 動物園φ ★@\(^o^)/ :2017/04/19(水) 06:18:39.44 ID:CAP_USER9.net

    GOAL 4/19(水) 6:15配信

    レアル・マドリー、史上初となる7季連続での準決勝進出! C・ロナウドのハットでバイエルンとの死闘を制す/CL準々決勝

    ボールを追いかけるボアテング&C・ロナウド

    18日のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグ、サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・マドリー対バイエルン・ミュンヘンは4?2でレアル・マドリーの勝利に終わった。レアル・マドリーは合計スコアでも6?3で上回り、7シーズン連続で準決勝進出を果たしている。

    アリアンツ・アレーナでのファーストレグは、1?2でレアル・マドリーの勝利に終わった欧州カップ戦のクラシコ。統計において、アウェーでのファーストレグに勝利したレアル・マドリーが欧州カップ戦で敗退した経験はわずか一度だけ、1994?95シーズンのUEFAカップ、オーデンセ戦しか存在しない。さらに1999-00シーズン、2000-01シーズン、2013-14シーズンと、決勝トーナメントでバイエルンと対戦したシーズンではいずれもCL制覇を達成しているという縁起の良さもある。

    ジダン監督は先の報道通り、負傷のベイルの代わりに絶好調イスコを起用。イスコをトップ下、クリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマを2トップとする中盤ダイヤモンドの4?4?2を採用した。一方バイエルンはレヴァンドフスキが復帰し、ハビ・マルティネスを出場停止で欠く以外はほぼベストと称せるスタメンを揃え、普段の4?3?3を採用した。

    チーム紹介アナウンスでは、レアル・マドリーを古巣とするシャビ・アロンソ&アンチェロッティ監督に大喝采が送られたベルナベウ。もちろん試合になると打って変わって、バイエルンがボールを持つ度に強烈なブーイングが吹かれることとなった。しかし序盤のバイエルンはそのような重圧をものともせず、レアル・マドリーを自陣に押し込んでいく。レアル・マドリーは守備時にモドリッチが右サイドに張り、イスコがボランチとなるフラットの4?4?2となるも、サイドの守備が後手に回る場面が目立った。

    そしてバイエルンは10分に決定機を迎える。リベリの折り返しから、ペナルティーエリア内でフリーとなっていたチアゴがシュートを放った。しかしながら必死に戻ったマルセロが、滑り込みながら頭でボールを止めて、レアル・マドリーがなんとか失点を防いでいる。

    対して、イスコがいながらもボールを保持するでもなく、速攻に終始していたレアル・マドリーは、20分過ぎにようやくラインを押し上げて厚みのある攻撃を展開。観衆の後押しを受けるホームチームの方が牙が鋭く、バイエルンの守備を穿っていったが、幾度も迎える決定機を決め切るまでには至らない。23分にはマルセロの上げたクロスにベンゼマが頭で合わせるも、ボールは枠外へ。また28分にはノイアーがクリアし損ねたボールをセルヒオ・ラモスが押し込もうとしたが、ボアテングにゴールライン上でボールを弾かれた。

    レアル・マドリーはさらに36分、カウンターからC・ロナウドがペナルティーエリア内右に侵入。逆側にはベンゼマがいたがシュートを選択し、ボールはノイアーの正面に飛んだ。ホームチームが度重なる決定機を逸し、スコアレスのまま試合は折り返しを迎えた。

    そして後半開始から6分後、バイエルンが逆転への一歩を踏む。ロッベンがペナルティーエリア内でカセミロに倒されてPKを獲得(かなり際どい判定だったが…)。キッカーのレヴァンドフスキが11メートルからのシュートを冷静に決め、逆転まであと1点と迫った。

    その後は、バイエルンの一方的ペースとなり、レアル・マドリーもベルナベウもナーバスな雰囲気を醸し出すように。ジダン監督はこの状況を打開しようと64分に最初の交代カードを切り、ベンゼマを下げてアセンシオを投入する。が、その後もバイエルンがボールを保持する状況は変わらない。アンチェロッティ監督は70分にリベリをドウグラス・コスタ、シャビ・アロンソをミュラーに代えて攻勢を強める。対してジダン監督は71分にイスコとの交代で守備も計算できるルーカス・バスケスをピッチに立たせた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000030-goal-socc


    【【サッカー】レアル、史上初となる7季連続準決勝進出!ロナウドのハットでバイエルンとの死闘を制す/CL準々決勝】の続きを読む




    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/04/18(火) 05:47:53.07 ID:CAP_USER9.net

    【シャルルロワ 0-1 ヘント ジュピラーリーグ 優勝プレーオフ第3節】

    ベルギー・ジュピラーリーグの優勝プレーオフ第3節で、日本代表FW久保裕也が所属するKAAヘントはアウェイでシャルルロワと対戦した。

    久保はプレーオフで3試合連続の先発出場を果たすと、前半のうちに結果を出す。
    23分、FWカリファ・クリバリがヘディングで落としたボールを拾った久保は左サイドからドリブル突破。
    相手DFをかわし、左足を振り抜いてシュートを叩き込んだ。

    1月にヘントに加入して以来、11試合で8得点目。久保はその後も攻撃の起点となり、味方のチャンスを演出するなどヘントの攻撃を牽引した。

    追加点こそ奪えなかったものの、ヘントはアウェイで貴重な勝ち点3を収め、優勝プレーオフで2位に浮上。
    首位のアンデルレヒトとの勝ち点を6とした。
    次節は21日、優勝プレーオフ5位のオーデンセとホームで対戦する。

    【得点者】
    23分 久保裕也(ヘント)


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170418-00010000-footballc-socc
    フットボールチャンネル 4/18(火) 2:52配信


    【【サッカー】久保裕也、左足一閃で今季8得点目! 決勝弾叩き込みヘントは2位浮上で首位追送】の続きを読む



    【【サッカー】<ガンバ大阪>長谷川健太監督、あるサポーターの一言にブチ切れ!「『やれよ』って、やってるよ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ